広告制作会社へデザインを依頼する時のポイント

広告制作会社1広告制作会社やデザインを依頼したけれども、しっかりと要望や自分のイメージを伝えたつもりなのに、出来上がりを見てみると自分がイメージしていたものとは違っていたということにならないためにも、依頼する際には様々なポイントを押さえて依頼することが大切です。

広告デザインの制作目的を明確に

広告制作会社へデザインを依頼する時のポイントとしては、まず第一にデザインの目的を明確にしましょう。自分は何をしたいのかなどの目的がうまく伝わっていなかったり、あいまいな伝わり方をしていると、デザインのゴールはどこかわからなくなり、発注した側と広告制作会社の間でイメージが異なってしまいます。そのためどのような目的を持ってデザインを制作するのかということを最初に明確に伝えておくことが大切です。漠然とかっこいい広告にしたい、売れる広告にしたいと言われたとしても、広告制作会社は困ってしまうでしょう。そのため内容はできるだけ具体的に、どういうイメージのデザインにしたいのかを、依頼する前に明確に自分の中で定めておきましょう。

そしてもしも参考となるサイトやデザインがあるのであれば、打ち合わせの際にそれを見せられるように準備をしておくと、よりイメージが伝わりやすくなるでしょう。自分のイメージを伝えるためには、自分のイメージに近い広告やデザインを見てもらうことが一番効率良い方法であるといえます。参考になるデザインがあることで、お互いの認識のずれを防ぐことができるでしょう。デザインの目的を伝えることができたら、次にデザインの内容について細かい部分まで打ち合わせを行います。どのような印象にしたいのか、細かいニュアンスなどを打ち合わせをすることで、デザインを練り上げていくことができます。

デザインのスケジュールを決めておく

そして最初にスケジュールを細かく決めておくことも大切です。実際に制作を始めてみたら間に合わなくなったというケースも多く見られます。そのため各工程のスケジュールを細かく決めることによって、遅れることのないようにしてもらいましょう。

デザイン事務所への依頼

広告制作はAMIX

DMやパンフレット等の印刷物のデザイン依頼

チラシ/ポスターもASOBO DESIGNにお任せ下さい

ブランドロゴ・カフェロゴの作成

LOGOLOで各種ロゴを手軽に依頼

広告制作における基本的なポイント

広告制作における基本的なポイントとして、最初に考えなければならないことは、広告をだれに見てもらいたいかということです。広告を製作する段階で、広告を配るターゲットを絞っておくことによって、広告の効果をさらに上げることができるでしょう。例えば近年では、健康や美容ブームによって、多くの女性が今よりも若く美しくなりたいと感じていることでしょう。そのためにスキンケア用品やエステサロンなどにも関心を持っている人が多いといえます。

デザイン事務所の面接を受ける時のポイント

デザイン事務所でデザイナーとして働きたい場合は、デザイナー職の求人広告を見て応募するということが一般的な手順になります。選考過程はデザイン事務所によって異なりますが、面接に加えてポートフォリオの提出がある場合がほとんどです。デザイン事務所の面接を受ける時にはポイントを押さえていないと採用が遠のいてしまいます。採用面接ではまずなぜそのデザイン事務所なのかということを聞かれます。世の中には数多くのデザイン事務所がありますが、採用側はそのなかから自社を選んだ理由を知りたいのです。

電車の中吊り広告をデザインする時のポイント

電車に乗った時にさりげなく目にする中刷り広告ですが、通勤時間には多くの人の目に留まりやすいので、企業の広告媒体としても有能であると言えるでしょう。しかし、いかに有効なものでも人の目に触れ、読んでもらわなければ意味がありません。人の目線を考える上では、一瞬でも見た時にひきつけるようなイラストや文章、いわゆるキャッチコピーが必要です。ある程度細かい内容が書かれている場合には、まず目立って印象に残る要素で目を引き、気になったのであれば広告の詳細を読んでもらうことができます。

広告デザインの良し悪しはデザイン性だけではない

広告デザインする上で、デザイン性だけを重視して作っても良い広告とは言えません。 おしゃれ=良いではないので、話題性のある広告デザインをする事が大切です。 デザイン性重視では、人の目には留まりますが、内容までは記憶に残らないことも多いです。 記憶に残る広告デザインを作成するには話題性も重要です。 特に最近の流行を取り入れた広告を作る事で若いターゲットの関心を惹く事ができます。