広告デザインの良し悪しはデザイン性だけではない

広告デザインの良し悪しについて2広告デザインする上で、デザイン性だけを重視して作っても良い広告とは言えません。

おしゃれ=良いではないので、話題性のある広告デザインをする事が大切です。

デザイン性重視では、人の目には留まりますが、内容までは記憶に残らないことも多いです。

 

記憶に残る広告デザインを作成するには話題性も重要です。

特に最近の流行を取り入れた広告を作る事で若いターゲットの関心を惹く事ができます。

他にも時事の出来事は老若男女問わず関心がありますので、その話題を広告に取り入れる事ができれば、見る人に強く印象を残す事が出来るので、広告デザインとしては成功したといえます。

おしゃれな広告は沢山世の中にありますが、話題性のある広告は数えるほどしかありません。この話題性を重要視する事で他社との差別化した新しい広告デザインを行うことが可能になります。

また取り入れる話題によっては狙うターゲット層を絞り込む事が出来るので、集客したいターゲット層を取り込む事が可能です。この様に様々な効果をもたらす事ができるので、話題性も重要と言う認識の上で、広告を作成するとデザイン性にとらわれた広告ではなく、話題性がある広告デザインを行うことが可能になります。

話題性の中に内容がマッチするキャッチコピーを入れる事ができれば、更に訴求力もあがるので、広告をみたターゲットにより深く広告の印象を与える事ができます。話題性が低い場合だとその場では内容を覚えていますが、時間と共に忘れていってしまいます。話題性が多い広告だと見た後でもその話題を耳にすると広告の内容を思い出す機会が増えるので、忘れてしまう事が少なくなります。

おしゃれな広告ではその場でおしゃれだと感じるだけになってしまいますので、広告デザインはおしゃれ=良いではないと言う事を広告を作成する側も依頼する側も認識する必要があります。ここの認識を誤ると見た目は良いが中身がない広告が出来上がってしまうので、注意が必要です。