広告制作における基本的なポイント

広告制作のポイント2誰にその広告を見てもらいたいのか

広告制作における基本的なポイントとして、最初に考えなければならないことは、広告をだれに見てもらいたいかということです。広告を製作する段階で、広告を配るターゲットを絞っておくことによって、広告の効果をさらに上げることができるでしょう。例えば近年では、健康や美容ブームによって、多くの女性が今よりも若く美しくなりたいと感じていることでしょう。そのためにスキンケア用品やエステサロンなどにも関心を持っている人が多いといえます。このような美容面に興味のある女性をターゲットにすることによって、より範囲を狭めて広告の効果を高めることができるでしょう。広告を使うことによって、インターネットが使えない人にでも見てもらうことができるので、幅広い年齢層の人に有効であるといえます。

伝えたいことをデザインに詰め込まない

また広告の効果を上げるためには、ターゲットを絞るだけではなく、ターゲットの心に響く広告デザインが必要となります。しかし伝えたいことがたくさんあるからといって、広告の中にそれを無理やり押し込めて文字ばかり並べてしまっても、魅力のある広告とは言えないでしょう。大切なことは、本当に伝えたいメッセージは何なのかということを考えて、それを効果的に明確にする広告デザインの構成ができた広告であるかということです。多くの場合、人間は横書きの場合には左から見るという特徴があります。縦書きの場合には右上から見ることとなるでしょう。そのため一番伝えたいメッセージをその部分に掲載することによって、ターゲットには魅力のある広告となります。

またその下の部分に具体的なことを分かりやすく丁寧にまとめて掲載すると、さらに魅力のある広告となることでしょう。そしてターゲットに合わせたカラーを用いて統一感を出すことも効果的です。文字や書体の選び方も非常に重要で、広告のバランスを見ながら読みやすいようにまとめることが大切です。最後に価格帯にあったデザインを用いるということも必要です。例えば特売の広告なのに、高級なデザインの広告では、ちぐはぐな印象を与えてしまうことでしょう。