電車の中吊り広告をデザインする時のポイント

電車の中吊り広告について電車に乗った時にさりげなく目にする中吊り広告デザインですが、通勤時間には多くの人の目に留まりやすいので、企業の広告媒体としても有能であると言えるでしょう。しかし、いかに有効なものでも人の目に触れ、読んでもらわなければ意味がありません。

デザインのアイキャッチ要素をどうするか

人の目線を考える上では、一瞬でも見た時にひきつけるようなイラストや文章、いわゆるキャッチコピーが必要です。ある程度細かい内容が書かれている場合には、まず目立って印象に残る要素で目を引き、気になったのであれば広告の詳細を読んでもらうことができます。記憶に残りやすいイラストや写真であれば、SNSにアップされるなど、車両内だけでなく広範囲に拡散していくことも期待出来るでしょう。

また、より多くの情報を詰め込むだけでは真に伝えたい情報がわからなくなることがあるので、読みやすさを重視したデザインにしていくことも重要です。色に関しては、多くの色を使うのではなく同色の系統で作成していくのがポイントになります。ここでアピールしたい部分を異なるカラーで表現することで、一番伝えたい部分をクローズアップし、読み手にわかりやすく見てもらうことができるでしょう。車両広告もチラシなどの広告媒体と同様に、読み手となるお客さんが必要な情報であるかという事を一瞬で判断してしまいます。

チラシ広告で気をつける点と似ている

チラシの要素で言えば、キャッチコピーに続いてより興味を引き立てるリードコピー、メインの情報を盛り込んだボディコピー、利用することによりお得感やサービスが受けられるオファー、利用に際しての問い合わせ先などを記載したレスポンスデバイスといった5つの要素です。これらの要素は中刷り広告にも同様のことが言えるので、広告作りの際にはこの構成要素を意識して作成すると良いでしょう。お金をかけられなくてもお客さんの目に留まる広告を作ることはできるので、訴求するポイントを明確にしてデザインができているか、有益な情報をターゲットに伝えられる内容になっているかを意識していくのが大切です。