広告制作において広告デザインの大きなポイントとやってはいけないデザイン

レイアウトについて

広告の効果を大きく左右するものの一つがデザインです。広告制作において広告デザインの良し悪しを決める要素は主に三つあり、レイアウトと配色、フォントの三つです。効果的な広告デザイン制作をする際には、様々なポイントがあります。まずはレイアウトを決める必要がありますが、レイアウトとはそれぞれのパーツをどのように配置するかを決めることです。レイアウトを決める際に特にやりがちなことが余白がないことです。伝えたいことがたくさんありすぎるからといって、文章や写真を詰め込み過ぎてしまうと、ぎゅうぎゅうのレイアウトになってしまいます。さらに写真や文字の大きさを単調にしてしまうと、商品カタログのようなレイアウトになりメリハリがなくなってしまいます。この際に伝えたい内容に優先順位をつけて、読み手が読みやすくわかりやすい、そしてゆとりやメリハリのあるレイアウトを心掛けることが大切です。

配色について

そして二つ目の配色についてです。配色でやってしまいがちなことは、たくさんの色を使い過ぎることです。派手な方が人の目に印象に残るのではないかと思うかもしれませんが、確かに同じ内容でも色を変えることにより印象は大きく変わって、その効果も大きく影響することでしょう。例えば赤やピンク、オレンジなどの暖色系の色には食欲を増進させる効果があります。反対に水色や青などの寒色系の色は食欲が減退してしまいます。選ぶ色によりな客の効果を生み出す可能性もあるため、広告デザイン制作において何を一番に伝えたいのか、その内容に適した色を選ぶようにしましょう。

フォントについて

最後にフォントについてですが、読み手に与えた印象とフォントの選定がずれていては意味がありません。例えばアットホームな雰囲気を与えたいと考えているのに、上品な印象を与える明朝体のフォントを使っていれば敷居の高い印象を与えることになります。このように使い方により真逆のイメージを与えることになるため、与えた印象にあったフォントを選択する必要があります。