広告デザインのポイントは?デザインで効果が変わる広告制作

広告制作をする上で重要になってくるのがデザインです。訴求力による効果を狙うのが広告を打ち出す主旨でもあるため、広告デザインの如何によって結果も左右されてしまいます。制作におけるポイントはどこにあるのかという問題ですが、基本的には分かりやすい内容にすることが大切です。手に取ってじっくりと見ることができる広告ならばまだしも、街頭広告や建物内の掲示板などに用いる場合、一瞬で通り過ぎてしまうことがあります。そのような中で印象付けるためには、ぱっと見て分かることが必要であり、不明瞭な内容では何の広告なのかすら理解してもらうことはできません。見やすいレイアウトを心掛けることも大切です。例えば情報を詰め込み過ぎた内容ですと、見た目に散らかって見えてしまうことがあります。

重要な情報は何か?を考えた広告作りが大切

どれが大切な情報なのかが伝わりにくく、雑多な広告に仕上がってしまうのです。広告だけで全ての情報を伝えることは難しいため、ある程度厳選した内容に絞り込み、その上で見た目にシンプルさもあるレイアウトを心掛けることで伝わりやすくなるはずです。なお、レイアウトを考える場合、目の動きを意識すると効果的に情報を伝えられます。例えば横書きの場合ですと、人の視線はZの流れで動く傾向があります。つまり左上からスタートし、右下で見終えるという流れですが、この動きを踏まえてデザインをすることで情報がスムーズに入っていくのです。キャッチコピーを効果的に活用するのも良いでしょう。一瞬しか見てもらうことができないこともある広告は、瞬間に訴えかけられる内容で制作することも大事です。そこで有効なのがキャッチコピーであり、端的に情報を伝えることで興味をひきやすくなると共に、そのキャッチコピーの魅力で詳しく内容を知りたい心理を引き出すことができるのです。デザインにあれこれ拘るよりも、一言のメッセージが効果的に作用することもありますので、広告制作において強く意識してみたいポイントと言えます。