広告デザインと広告制作に際しデザイン担当者が気を配るポイント

広告制作を考えた場合にはデザインの考案から着手してしまいがちになりますが、最初に行うべき事は広告デザインではなく伝えるべき相手と内容を明瞭にする事です。いかに美しい広告デザインに仕上げる事ができたとしても、目にした方にメッセージをお伝えする事ができなければ、広告デザインとしての役割を果たしているとは言えません。優れたデザインというのはターゲットに対しきっちりと伝えられる作品とも言う事ができるため、広告制作を手がけた方が考えているメッセージを正しく伝えるべく読みやすさと理解のしやすさ、美しさに拘るのがポイントです。そうしたポイントを念頭に置いて広告デザインに着手していく時には、見やすい上にわかりやすいデザインが前提条件になる事から広告デザインにおいてメインに位置付けられる写真を大々的に配置するようにしましょう。

広告デザインのセオリーを理解しよう

メインの写真を大々的に配置すれば一見した時に目的が瞬間的に相手方に伝える事ができるようになりますし、周囲などに簡単なデザインを追加するだけで容易に仕上がりを上質なものにさせられます。また、写真を大々的に配置した時には下部に記載する詳細な案内を示す文字情報も単純明快にするのがポイントになり、文字列がシンプルに纏められていると情報が理解しやすくなりますし、広告デザインの全体も落ち着きが感じるようになります。そして、広告制作は個々の個性が感じられるように柔軟な姿勢で取り組んで構わないのですが、広告制作に関するセオリーは守らなければなりません。広告制作のセオリーというのは揃える事と纏める事、分ける事の3つから成立しているのですが、セオリーが守られていなければ優れた色使いとシンプルな文字列であっても乱雑な印象を与えてしまいます。さらに、広告制作では配置と共に文字情報の色使いも重要性が高く、一見すると背景との関係性がミスマッチに見えてしまうような色でも、実際に合わせてみると情報が強調させられる材料に繋げられます。